出産したとき

  組合員及び被扶養者が出産したとき、組合員が育児をするために休んだときの手続きは以下の通りです。

  様式(PDF形式)   様式(Excel形式)   記入例

出産して、出産費又は家族出産費を受けるとき

締め切り 毎月10日(土・日・祝日は前日)  
提出書類 出産費・家族出産費請求書
出産費・家族出産費請求書(差額請求用)
添付書類 請求書の医師又は助産婦の証明欄に証明を受けてください。
産科医療補償制度加入機関で分娩した場合は、当該制度加入機関のスタンプが押してある領収書(写し)又は請求書(写し)、直接支払制度に関する合意文書(写し)
 
金額 404,000円
※産科医療補償制度に加入している医療機関等における出産又は在胎週数22週に達した日以後の出産(死産を含む)がなされたことが認められた場合、上記の額に16,000円が加算
 

組合員が出産のために勤務を休み、報酬の全部又は一部が支給されない際に、出産手当金を受けるとき

締め切り 毎月10日(土・日・祝日は前日)  
提出書類 出産手当金請求書
添付書類 医師又は助産婦の証明書等  
支給対象
期間
出産の日以前42日
(ただし、多胎妊娠にあっては98日)以内及び出産の日後56日以内において勤務に服することができなかった期間
 
金額 1日につき標準報酬日額(標準報酬月額の1/22相当額)×2/3  

産まれた子を被扶養者とするとき

提出期限 出生日から30日以内  
提出書類 被扶養者申告書
添付書類 1. 組合員及び配偶者の所得証明書
(扶養手当が支給される場合は省略できます)
     
2. 家族調書  
出産のために退職したときはこちら

組合員が育児のために休み、育児休業手当金を受けるとき

提出書類 育児休業手当金請求書兼育児休業掛金等免除申出書
支給対象
期間
育児休業に係る子が1歳(最長2歳)に達する日まで(土日は含まない)  
金額 1日につき標準報酬日額(標準報酬月額の1/22相当額)×50/100
※雇用保険法に準じて、支給額の上限が設定
  されています。
 
暫定的な給付率50/100については、当分の間延長されます。

組合員が育児のために休み、掛金の免除を受けるとき(子が3歳未満のとき)

提出書類 育児休業手当金請求書兼育児休業掛金等免除申出書
育児部分休業等掛金免除(変更)申出書
添付書類 育児休業を承認した育児休業承認請求書等の写し  

このページのトップへ